「一枚岩の経営チーム」の構築プログラム

対象者

  • 社長を含めた経営会議メンバー
  • 社長後継者
  • 部長(将来の上級役員や経営チームメンバーの候補として)

解決したい課題・悩み

  • 社長後継者をはじめとする経営人材の育成
  • 経営理念やミッションの浸透
  • 一枚岩となる経営チームの構築
  • 現場の声がトップにまで上がりにくくなっている

研修内容・特徴

経営層に求められる次の4点を醸成する

  • 経営メンバーとしての当事者意識
  • 利益代表、縦割り構造、サイト化からの脱却
  • 異文化をも受け入れる柔軟さ
  • 社員のお手本・見本となる「慎独」の心構え

プログラム例

①社長ヒアリング
・社長の思い描く、ありたい経営の姿。それを実現する経営チームの姿を確認
・経営メンバーに期待すること・してほしくないこと、社長がすること・しないことを確認

②キックオフ
・プログラムの目的、概要を説明
・社長が経営チームとしてメンバーに望むことを熱く語ってもらう

③オフサイトミーティング
・メンバーが集合し、1日かけて、まずは一枚岩の経営チームとは何かを議論してもらう
・現時点で自分たちができていることは何か、十分でないものは何か、自分たちの考える一枚岩の経営チームになるためにはチームとしての課題は何かを明らかにする
・メンバー一人ひとりの課題の方向性をメンバー全員と共有

④個別ミーティング
・月に1回のペースで3 ~ 6回実施
・1回目のセッションでは、オフサイトミーティングで炙り出された個人の課題について深堀りする。一枚岩の経営チームを構築するために自分の行動変革のテーマを考えてもらう。そのテーマを達成するために毎日の行動のチェック項目も決める。行動変革テーマと行動チェック項目はメンバー間で共有する。
・個別コーチングで取り上げるのは、一枚岩の経営チーム構築という共通テーマと各人の個人テーマ
・最終回のコーチングの際には、各人の感じているチームとしての変化についてヒアリング

⑤社長への報告
・最終回のコーチングで確認したメンバーの認識しているチームの変化を報告
・社長から見た変化も確認
・上記を踏まえて、コーチング後の会社としての課題を抽出

※③オフサイトミーティングを実施しないことも可能。その場合は④個別ミーティングの1回目までに、本人の考える一枚岩の経営チームは何かを考えてきてもらう

「一枚岩の経営チーム」の構築プログラムの詳細はこちら

問い合わせ

  1. 「一枚岩の経営チーム」の構築プログラム

  2. 個人の能力や資質を多面的、客観的に評価する「リモート・ヒューマン・アセスメント」

  3. リスキリング・DX人材育成に自律的な学びで効果的な研修を実現する学び放題プラン【LearningSpace】

  4. コンプライアンス研修~SDGs時代に求められる前向きなコンプライアンスとは

  5. 社会人基礎研修

  1. コンプライアンス研修~SDGs時代に求められる前向きなコンプライアンスとは

  2. 多様な人材を活かし生産性の高い組織をつくる「管理職向けコミュニケーション活性化研修講座」

  3. 変革を成功させるための「変革リーダー養成」ワークショップ

  4. 身近な企業のニュースで学ぶ決算書

  5. ニューノーマル環境で業績を高めるための「ハイパフォーマンス・チーム・リーダーシップ」