異業種リーダー共創塾(Indigo Blue)

対象者

  • 現職の組織を牽引するリーダー(管理職、マネジャー)人材
  • 近い将来、リーダー(管理職、マネジャー)を目指す人材

解決したい課題・悩み

  • 「リーダーシップとは何か」「組織やヒトを動かすこと」について、知識を得るだけでなく、実際に実践させてほしい/体感させたい(実践や体感を通じて「活きた学び」を得させたい)
  • 自社の働き方やビジネスの在り方しか知らないので、他社/他業種の人材の考えに触れ、他社/他業種の人材と協働することで、考え方の幅や視野を広げてほしい
  • リーダーとして組織を牽引するために必要なスキルを習得させると共に、「実践力」を鍛えたい

研修内容・特徴

  • プログラムの80%が「参加型」ワークショップという実践的な構成になっており、特にプログラムの中心である「ビジネス上の有事における体験型ケーススタディ」を実践することで、頭と身体(心)をフル回転させる(「わかる」ではなく、「できる」をゴールにする)
  • 様々な企業、職種、年齢の異なるメンバー(受講生)で構成される“他流試合方式”のため、異なる業種や文化の人々と協働することで、日常の組織の中にいると得られない気付きが得られる
  • 良きリーダーとして組織を導くために、必要な知識/学びを短期間(3日間)に集中的/効率的に習得できる
  • 当たり前になりつつある「リモート環境でのリーダーシップ」の醸成を、業界・業種を超えたメンバーと共創する(ワークショップ、体験型ケーススタディ、インプット全てオンラインで行う)

プログラム例(3日)

  1. リーダーシップ発揮のために
    ・「リーダー」の本質
    ・「周囲に良い影響を与え組織を動かすヒト」には、何が備わっているか
    ・個を活かすマネジメント力
  2. 自分を知る、相手を知るプログラム
    ・客観的に自分を知るためのプログラム
    ・「自分はどう在ろうとしているか」「周囲は自分をどう見ているか」を認識する
  3. 問題解決とストーリー構築の演習
    ・問題解決でよく使う3つの型の活用
    ・各課題に対して、ストーリーで語るプレゼンを行う
  4. 体験型ケーススタディ
    ・受講生達は、ある企業の経営幹部として、リアル感を重視し設定された有事下の1日を過ごす
    ・実際に関係者が登場する中で、事態をどう動かせるか
    ・個ではなく、組織としてどのようにパフォーマンスを発揮するかが問われる
  5. 実在企業の課題演習
    ・実在する企業の経営陣/幹部が実際の課題を説明する
    ・受講生で構成される各チームは、課題に対する提案を作成しプレゼンを行う
    ・プレゼン結果に対して、実在企業の経営陣/幹部から講評をもらう

「異業種リーダー共創塾」の詳細はこちら

問い合わせ

Indigo Blue
TEL:03-5408-5682
info@indigoblue.co.jp

  1. 週1時間×3カ月で実施する「ソフトスキル強化トレーニング」(EdWorks)

  2. 管理職向け生産性向上研修〜個人・チーム・役割から実現する(1.5日間)(インソース)

  3. 身近な企業のニュースで学ぶ決算書(TAC)

  4. グローバル人材育成特化型eラーニング「INSIGHT ACADEMY」(インサイトアカデミー)

  5. オンライン英語研修「POLYGLOTS」(ポリグロッツ)

  1. 全社員をデジタル人材にし、企業のDX推進を加速させるソリューション(ディジタルグロースアカデミア)

  2. 全社員向け「健康教育セミナー」(プライマリー・アシスト)

  3. 身近な企業のニュースで学ぶ決算書(TAC)

  4. 経営幹部の準備度を診断するアセスメント「エグゼクティブ・アクセラレーション・センター(EAC)」(マネジメントサービスセンター)

  5. 人事、管理職および全社員向け「健康経営の社会的背景」(プライマリー・アシスト)