チームビルディング研修(ベリタス・コンサルティング)

対象者

  • チームの連携やコミュニケーションが必要とされる職場:チーム組織、店舗など
  • 新設のチームや職場:部署の統合や新設、プロジェクトチーム結成時など
  • チームの運営能力を高める必要がある人:チームリーダー、店長、管理職など

解決したい課題・悩み

  • チームのまとまりが無く、業務のミスや補完ができていない。業務連携を上手く図るためにも、チームの一体感を醸成させたい
  • チーム内の仲は悪くないが、業務上必要なコミュニケーションを積極的にとっているとは言えない。風通しの良いチームをつくり、“コミュニケーション”を円滑にしたい
  • チームリーダーの“チーム運営能力”を高めたい

研修内容・特徴

  • 身体を動かしながら楽しめる「チーム協働ワーク」を通じ、チーム運営に必要なポイントを短時間で分かりやすく学べる
  • チーム協働ゲームを振り返り、自チームの良い点・改善すべき点が明確になる
  • 全米ベストセラー教材の一つである「ジャングルからの脱出」を活用(教材開発は米国HRDQ社で、ベリタス社はその日本唯一の総代理店)
  • 職場単位の研修の他、新人研修やリーダー、管理職層の研修の一パートで実施することも可能

プログラム例(3~4時間)

1.イントロダクション
2.チーム協働ワーク「ジャングルからの脱出」
・ 米国でベストセラーの研修教材「ジャングルからの脱出」を体験。チームでコミュニケーションを取りながら協力し、97 個のパーツからヘリコプターを時間内に組み立てるワークを行う
3.ゲームの振り返り
・「 ジャングルからの脱出」ワークを通じて、良かった点・悪かった点など気づきをチームで振り返る
4.解説
・ 講師から、ワークを通じて見られた特徴(良い点・改善点)を伝え、チーム協働に必要な要素・ポイントを解説する
5.グループディスカッション
・ 実際のチームの運営について、良い点・改善が必要な点を出し合い、今後の具体的な取り組み施策を議論する
6.全体発表
・ グループの代表者が、グループで話し合ったチーム運営の改善点や今後の取り組みについて発表し、全体で共有する
※ オプションで「コミュニケーションスタイル分析」を盛り込むことも可能。チームメンバーのコミュニケーションスタイルを理解し合うことで、チーム内のコミュニケーションをより円滑にする

チームビルディング研修の詳細はこちら

問い合わせ

  1. 自ら考え行動できる社員を早期に育成する「能動型フォロワーシップ強化プログラム」(サイコム・ブレインズ)

  2. 人的資本経営時代の後継者を選抜するオンライン・アセスメント 「Leader3 Ready®」(マネジメントサービスセンター)

  3. 経営幹部候補向けDX構想力強化プログラム(サイコム・ブレインズ)

  4. 管理職

    新任部長研修~経営視点の組織マネジメント(インソース)

  5. 社会人基礎研修(リスキル)

  1. 社員のキャリア⾃律と⾃律成長を促進する 全社員自律時代の1on1Tips動画(ファインド・シー)

  2. 人事、管理職および全社員向け「健康経営の社会的背景」(プライマリー・アシスト)

  3. 日本人材ニュース

    事業部長、部長向け「部門戦略策定ワークショップ」(インヴィニオ)

  4. ビジネスリーダーのための自己変革研修(経営人事パートナーズ)

  5. 変革を成功させるための「変革リーダー養成」ワークショップ(HPOクリエーション)