育児休業取得率は女性81.6%、男性12.65%

女性の育児休業取得率は81.6%、男性は12.65%となっていることが、厚生労働省が発表した「令和2年度雇用均等基本調査」で分かった。

 2018年10月1日から2019年9月30日までの1年間に在職中に出産した女性のうち、2020年10月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む)の割合は81.6%と、前回調査(2019年度83.0%)より1.4ポイント低下した。

 また、同期間内に出産した、有期契約労働者の育児休業取得率は62.5%で、前回調査(同77.5%)より15ポイント低下した。

 2018年10月1日から2019年9月30日までの1年間に配偶者が出産した男性のうち、2020年10月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む)の割合は12.65%と、前回調査(2019年度7.48%)より5.17ポイント上昇した。この内、育休期間が5日未満の取得者の割合は28.33%だった。

 また、同期間内において配偶者が出産した、有期契約労働者の育児休業取得率は11.81%で、前回調査(同3.07%)より8.74ポイント上昇した。

 育児のための所定労働時間の短縮措置等の制度がある事業所の割合は、73.4%となっており、前回調査(2019年度72.1%)に比べ1.3ポイント上昇した。

 産業別にみると、金融業・保険業(96.9%)、電気・ガス・熱供給・水道業(95.7%)において、制度がある事業所の割合が高くなっている。

 育児のための所定労働時間の短縮措置等の各種制度の導入状況(複数回答)をみると、「短時間勤務制度」68.0%(2019年度67.4%)、「所定外労働の制限」64.3%(同60.2%)、「始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ」39.3%(同35.6%)の順で多くなっている。

 調査は、2020年10月1日~31日の期間、2020年10月1日の状況について、常用労働者5人以上の事業所を対象に郵送・オンラインで実施し、3591事業所から有効回答を得た。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  2. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  1. 【アジャイルHR】マネジャーの課題解決に向けて東大と共同研究 他

  2. イントランスHRMソリューションズ「階層、職種、業種に応じた最適な教育計画で、人材育成全体を継続的にサポートします」

  3. シンクトワイス「ITエンジニアなどの就職サイトでは出会うことが難しい新卒をピンポイントで紹介しています」

  4. キャリア・デベロプメント・アソシエイツ「日本の“ものづくり”を支える高度な技術者を技術者出身のコンサルタントが紹介します」

  5. 賃金管理研究所「賃金制度の草分けとして6700社を支援。業績を向上させる賃金・人事制度を構築します」

  6. セールスキャリアエージェント「営業職に特化した専門コンサルティングで精度の高い人材紹介を実現しています」

  7. AIMSインターナショナルジャパン「グローバルネットワークとヒューマン・アソシエイツグループの連携でエグゼクティブ人材を紹介します」

  8. レックスアドバイザーズ「管理部門、公認会計士、税理士に特化し、採用ニーズに応じて人材を紹介します」

  9. アクティベイト「内閣府・地方創生人材戦略に参画、首都圏だけでなく全国36県をカバーしてプロ人材を紹介します」

  10. エリメントHRC「医療機器・製薬分野の経験者採用で、高い内定受諾率を実現するコンサルティングが強みです」

TOP