キャリア自律研修(プロティアンキャリアドック)~キャリア対話型組織開発で人的資本の最大化

対象者

  • 新入社員からシニアまで全ての年齢層
    ・自分が本当にやりたいことが分からない人
    ・今の会社が不満があるわけではないが、もっと自分の幅を広げ成長したい人
    ・副業など何かを挑戦・やり始めたいが、方法が分からず、勇気も出ない人
  • 管理職
    ・メンバーのキャリア支援についてどう向き合えばよいか分からない人

解決したい課題・悩み

  • 一般向け
    ・自律して動かない、当事者意識のない指示待ち社員が多い
    ・時代の変化に対応しDXに取り組みたいが、事業も組織も変化についていけていない
    ・キャリア研修を受けても、社員の意識変容や行動変容に繋がらない
  • 管理職向け
    ・指示命令型のマネジメントからの脱却が進まない
    ・昭和のキャリア観を引きずり、若手の主体性を引き出すマネジメントができていない
    ・キャリア開発を支援するマネジャーの役割を理解できていない
    ・キャリア支援をする前にキャリアが何か、対話の仕方が分からない

研修内容・特徴

  • 理論による“キャリア(自律)の共通言語化”
    ・世界で注目されるキャリア理論の一つである「プロティアンキャリア理論」に基づきキャリア自
     律の“教科書”としての共通言語化
  • 最先端理論に基づく“キャリア自律戦略フレームワーク”の提供
    ・独自のキャリア自律戦略フレームワークにより、具体的行動に繋げる
  • 研修受講満足度ではなく“行動変容”に拘ったプログラム設計
    ・研修を通じてキャリア開発のためのアクションプランを作成し、行動変容を促す
  • 組織と個人の関係性(エンゲージメント)へのアプローチ
    ・上司への働きかけ(関係性向上に向けた自立行動)が増加し、面談比率・面談の質が向上
    ・組織と個人はパートナー関係として相互に成⾧し合う関係性を構築
  • 大手企業中心に導入実績多数
    ・設立3年で約20万人に伝達したプロティアンキャリア理論、大手総合商社、メガバンクも導入し
     ている最新のキャリア自律メソッド

プログラム例(3日)

  1. アイデンティティの探索とキャリア戦略策定
    ・自分らしさを発見する:ライフラインチャートを用いた自分発見ワーク~強み、モチベーション
     の傾向、価値観
    ・自分らしさを表現する:キャリア資本分析ワーク
    ・自分らしさを開発する ・ケーススタディ
  2. アダプタビリティの実践と組織と個人の関係性
    ・キャリア開発におけるリフレクションの重要性
    ・キャリア開発における戦略とは:[生き残る]×[幸せになる]の両方を実現する、環境変化分 
     析、キャリア戦略策定
    ・自分起点で周囲とより良い関係性を築く:自分のキャリアを周囲にオープンに発信することの大
     切さ、キャリア面談の効果を高めるポイント、自らの力で自らの職場をより良くするアイデア出
     し
  3. キャリア戦略会議
    ・キャリア戦略会議の目的とプログラム
    ・1カ月間の振り返り(リフレクション)
    ・個人と組織のより良い関係性を築くリーダーシップとフォロワーシップ

キャリア自律研修(プロティアンキャリアドック) ~キャリア対話型組織開発で人的資本の最大化の詳細はこちら

問い合わせ

4designs
TEL:03-6452-6370
info@4designs.co.jp

  1. 戦略的人事リーダー養成講座

  2. ハラスメント研修

  3. ビジネスリーダーのための自己変革研修

  4. ひとりずつの認知バイアス調査を踏まえたコンプライアンス・ハラスメント研修

  5. 【映像ソリューション】教育研修会社だからできる学びの映像デザイン

  1. 身近な企業のニュースで学ぶ決算書

  2. 管理職・評価者研修「目標による管理」を通じた組織マネジメントと自律社員の育成

  3. 【オーダーメイドソリューション】自社オリジナルのeラーニング研修・運営

  4. EQ(感情マネジメント力)向上研修

  5. チームビルディング研修