HRサービス

内定者のつながりを強める自己紹介プラットフォームを提供【揚羽】

内定者懇親会をオンラインのみで実施する企業などもあり、「入社するまでどんな同期がいるか分からない」といった不安を抱く内定者が増えているという。

コーポレートブランディング支援を行う揚羽は、内定者のつながりを強めるための自己紹介プラットフォーム「内定者図鑑」の提供を開始した。

内定者が質問フォーマットを記入をすることで、プラットフォームを通じてお互いの趣味や好きなものなどを知ることができる。入社前から内定者同士が相互理解を深め、同期のつながりを強めることは、内定者の不安解消や入社への意欲と帰属意識の向上につながる。

プラットフォームの作成にあたっては、企業ごとにプラットフォームのネーミングを提案し、オリジナルデザインで作成する。さらにプラットフォーム完成後は、集まった情報をもとに内定者懇親イベントなどの提案も行う。

共通の話題などを通じて相互理解を深められる
キャリア面談tips動画
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP