異業種交流×越境研修プログラム「growth」~変わりゆく時代の変化に対応し、イノベーションを創出できる人材へ成長する(日本コンサルタントグループ)

対象者

  • 次世代の経営幹部(役員、事業部責任者)・リーダーとして経営の中枢を担う予定の人材
  • 後継者、次期経営者
  • 新規事業など、社内重要プロジェクトのリーダー候補者

解決したい課題・悩み

  • 組織を変革するイノベーティブなビジネスリーダーを育成したいが社内研修だけでは限界を感じている
  • 視野を広げ、俯瞰的な視点でものごとを捉え、分析し意思決定できる経営感覚を養成したい
  • 多様な価値観を受け入れ、議論し課題解決に向けたリーダーシップを発揮できる人材の育成を行いたい

研修内容・特徴

  • 情報の構造化と活用スキルの開発
    ・ありふれた情報から、何が正しくて何が誤りなのか判断し活用できる情報を見極め、事実を構造
     化することで課題設定に繋げることができる能力の開発を目指す
  • 課題解決と創造力
    ・解決に向けたアイデア出しとそのために必要な発想力、創造力などのイノベーションをどのよう
     に構築するかが理解できるようになるスキルの開発を目指す
  • 共創型リーダーシップ
    ・プログラムでは、当初は面識のないメンバーとチームに分かれてフィールドワークに取り組む。
     チームの醸成方法や共創力の使い方、チームを牽引するリーダーシップを全員で発揮できる人材
     を育成する

プログラム例(3カ月)

「地域(地方自治体)課題の解決」がメインテーマ。該当自治体は毎年選定し、複数回現地訪問。参加者がグループを編成(異業種交流)し、会合の合間にもグループワークを実施しながら研修を進める

  1. 現地集合(当該自治体) キックオフ【1日】
    ・ テーマの現状把握→情報の分析→仮説検討
  2. 当該自治体内のフィールドワーク【2日】
    ・ 現地での情報収集、視察、関係者のヒアリング、データ収集
    ・問題の構造化→課題の抽出→解決策の検討
    ・効果と実現性の検討
  3. 中間報告会【1日】
    ・検討状況の共有→方向性の確認→仮説検証の準備
    ・報告会の実施→質疑→講評
  4. 中間報告会を踏まえたフィールドワーク【1日】
    ・ 現地視察→仮説検証→改善案の抽出
  5. 現地にて最終提案会【3日】
    ・ 最終プレゼン→客観的評価
    ・チーム活動棚卸→最終振り返り→リフレクション
    ・チェックアウト

異業種交流×越境研修プログラム「growth」~変わりゆく時代の変化に対応し、イノベーションを創出できる人材へ成長するの詳細はこちら

問い合わせ

日本コンサルタントグループ
TEL: 03-5996-7541
tsd@niccon.co.jp

  1. 「AIに負けないイノベーション人材」育成講座(T&Dコンサルティング)

  2. ニューノーマル環境で業績を高めるための「ハイパフォーマンス・チーム・リーダーシップ」(HPOクリエーション)

  3. グローバルリーダーとして成功するために必要な能力を診断するオンライン・アセスメント「Manager Ready®」(マネジメントサービスセンター)

  4. コンプライアンス研修~SDGs時代に求められる前向きなコンプライアンスとは(インソース)

  5. 人的資本経営時代の後継者を選抜するオンライン・アセスメント 「Leader3 Ready®」(マネジメントサービスセンター)

  1. 確実に売り上げを伸ばす「インパクト・セリング」営業ワークショップ(HPOクリエーション)

  2. ミドルシニアのキャリア自律に特化したオンラインキャリア研修「エッジチャレンジ研修」(ビジネス代謝ラボ)

  3. (半日研修)仕事の進め方研修~アンラーニングで思考の硬直化を防ぎ再成長を図る(インソース)

  4. 日本人材ニュース

    事業部長、部長向け「部門戦略策定ワークショップ」(インヴィニオ)

  5. 日本人材ニュース

    事業戦略を実行できる人材を効率的に採用する採用面接支援ソリューション「タレント・セレクション・エコシステムズ®」(マネジメントサービスセンター)