HRサービス

「オフボーディング」を改善し、退職者との良好な関係構築につなげる【ハッカズーク】 他

「オフボーディング」を改善し、退職者との良好な関係構築につなげる【ハッカズーク】

 退職者に必要なタイミングで再雇用や副業などを打診し、人材確保に役立てる企業が出てきている。アルムナイ(英語で卒業生の意味)に特化した事業を行うハッカズークと人事コンサルティング会社ディプレが提供する「オフボーディングワークショップ」は、従業員が退職の意思を表明してから退職が完了するまでの施策(オフボーディング)を適切に行うことで、退職者との良好な関係構築につなげるためのサービスだ。

 半日×2回のワークショップを通して、これまで現場に委ねてきた退職者とのコミュニケーションや引き継ぎなどの最適化を目指す。ハッカズークが実施したアンケートによると、55.4%の退職者が「退職の意思を伝えてから実際に退職するまでの間に、 不快な思いをしたことがある」と回答しており、再雇用や副業としての採用機会の喪失に加えて、口コミサイトなどでのブランディング悪化を防ぐためにもオフボーディングの改善が欠かせなくなっている。

ハッカズーク
退職時の関係悪化を防止する重要性に着目

組織横断のプロジェクトを成功に導く人材を可視化するアセスメント【フューチャーセッションズ】

 組織横断のプロジェクトを成功させるためには、適材適所が欠かせない。フューチャーセッションズが開発した「コネクト・テクノロジー・アセスメント」は、プロジェクト遂行に適切なメンバーを可視化し、イノベーションの成功確率を高めるための組織調査だ。

 コネクト・テクノロジーとは、組織の変化を阻む人と人の間に生まれる3つの問題(慣行軌道/意思決定/行動変容)を解決するための、 関係性を変えて創造知を生み出す3つのコミュニケーション技術(紐帯促進/知識創造/影響評価)で表現される9つの行動領域の総称で、 同社が考案した。

 アセスメントは、9つの行動領域の総合得点が高い人(コネクト・テクノロジスト)が組織横断のプロジェクトに存在すると成功率が高まるという調査結果に基づいており、27の質問に回答するだけで、変化に対応できる組織へ進化していくための道筋と、社内のコネクト・テクノロジストがスピーディーに分かる。また、全国のビジネスパーソンとの比較によって、組織の柔軟度とコネクト・テクノロジストの特徴が分かるオプションも用意されている。

フューチャーセッションズ
組織が変化に対応できる柔軟性(レジリエンス能力)を高めるための9つの行動領域

スキルの再構築でデジタル時代に適応した人材への転換を支援【アクセンチュア】

 デジタル活用が急速に進む中、多様な教育研修の提案が増えているが、対象者や育成目標に合わせたプログラムの導入が大切だ。アクセンチュアの「タレント・ディスカバリー・プログラム」は、従業員をデジタル時代に適応したスキルを持つ人材へ転換するために、求められるスキルと保有スキルのギャップを埋めることが狙い。

 バックオフィス、営業、生産管理などのさまざまな職種の従業員を対象に、AIなどのテクノロジーの知識、変革推進のマネジメント力、職能・業界などに関する幅広い内容について、アクティブラーニングなどを活用した実践形式のトレーニングでスキルを再構築する。人材特性の診断、企業の人材ニーズと従業員一人一人の特性や希望に応じた学習プラン作成、トレーニングの実施、習熟度の確認までをプログラムに組み込み、年間1000人の支援を目指している。

アクセンチュア
人材特性の診断から、一人一人に応じた学習プラン作成とトレーニング、異動・新業務のフォローまでサポート

労災防止システムに、コロナ感染防止の検温・症状確認機能を追加【平山】

 健康経営が重要な経営テーマとなる中、ウィズコロナ時代の事業運営では感染防止施策が必須だ。平山は、労働災害防止支援システム「HAio(ハイオ)」に、新型コロナウイルス感染防止のための「体温測定」「自覚症状確認」機能を追加した「HAioコロナ対応版」を提供している。

 「HAio」は10秒程度の簡単なアンケートに回答するだけでAIが不安全行動を起こしそうな従業員を自動的に抽出する。6月のサービス開始後、利用企業では不安全な行動が減少し、体調不良者の発見など現場に潜む危険が感知できている。

 「コロナ対応版」は、既存サービスの「労災リスク値」「今日の気分」に加え、「体温」「自覚症状」についても注意すべき測定結果が出た従業員を管理者へアラートメールで通知する。利用料金は、既存サービスが1人当たり月額600 円(税別)で、検温機の導入費用、「コロナ対応版」の追加料金となっている。

平山
管理者へ体調不良者のアラートメールを送信
オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP