Daxtra Technologies「人材情報を効率的にデータベース化し、最適な候補者の検索を実現します」

Daxtra Technologies

Daxtra Technologiesの責任者に聞く 機能・活用法・独自性


Daxtra Technologies Japan 矢野 広一 代表

成蹊大学を卒業後、IBM、OracleなどのIT企業を経て人材業界に転職。日本やアジアでの転職ビジネスで広く経験を積み、2017年にDaxtraの日本進出に伴い現職就任。

「人材情報を効率的にデータベース化し、最適な候補者の検索を実現します」

【機能】

「Daxtra」は、求職者や求人情報を手入力せずに直接ファイルからシステムが記載内容をParsing(構文解析)して、利用企業のデータベースに格納するエンジンを提供し、さらにその情報を多面的に検索したり、求人と求職者をマッチングさせるサービスを提供しています。

様々な形式の人材情報を的確に解析し、必要な情報だけをデータベースに格納

海外では「Parsing」と呼ばれるこの技術で、日本語対応しているのは当社のみになります。過去の応募者のデータ活用が全くできていなかった分野が整備されることで劇的に採用関連の生産性を向上させることが可能になります。

応募者の能力やスキルを評価し、合致する人材を絞り込む

求職者の職務経験や今までのスキルを多面的に評価するので、より現実的な求人とのマッチングが可能になります。条件を設定してデータベースを検索すれば、登録日にかかわらず常に合致率の高い人材から上位に表示されるので、過去に登録した人材も有効に再活用できるようになります。

外部の転職サイトなども検索して、データベースに情報を取り込める

転職サイト、FacebookやLinkedinなど、外部に存在する人材情報も検索して自社のデータベースに取り込むことができ、より適格な候補者を探せます。

【活用法】

応募者のスキルや求人の必要要件などの情報が自動的にデータ化され、①人手を仲介しないので個人情報保護がより徹底される、②蓄積された情報から最適人材を発掘したり傾向などを分析することで採用の生産性を高める、といったメリットがあります。

個人情報保護を強化しながら業務効率化や情報の一元管理、分析機能強化で人材獲得力を高める

応募者情報を手入力する際の情報漏洩が無くなります。また従来は活用できていなかった応募者のスキル情報なども取り込めるので必要な人材の分析や再呼びかけなどを有効に行うことができます。どのような応募経路からの情報でも一元管理されるため、ダイレクトリクルーティングをはじめ、採用手法の多様化が実現しやすくなります。

候補者がFacebookやLinkedin等の情報を利用して応募できるなどの利便性を高める機能もあり、人材獲得力が高まります。

要望する候補者を探し出せる

AI検索およびマッチングエンジンはAIを活用しており、例えば履歴書の記載用語と求人票の要件用語が異なっていても自動補正して最適人材を合致度順に表示させることもできるようになります。

【独自性】

履歴書や求人票解析に特化したサービスで、全世界2000社以上に利用されています。

日本語を含む41言語に対応

日本語のParsingは難しく、「Daxtra」は世界で唯一対応しています。41言語に対応していますので、海外拠点での採用や外国人採用にも利用することができます。

要望に合わせてカスタマイズ

各社の要望に合わせて、柔軟なカスタマイズが可能です。例えば、応募者の能力やスキルのレベルを評価する機能では、「ユーザー辞書」を設定することで、自社に適した人材を的確に絞り込むことができます。

●DaXtra Searchのワークフロー

Daxtra Technologiesの専門分野


【対象】
事業会社人事部門、人材紹介会社、転職サイト、大手企業、中堅企業、中小企業、外資系企業、全業種
【機能】
履歴情報管理、従業員情報管理、人材データベース、新卒採用、中途採用、キャリア・スキル管理
【連携システム】
従業員情報管理、人材データベース、新卒採用、中途採用、キャリア・スキル管理

Daxtra Technologiesの会社情報


社名●Daxtra Technologies Japan合同会社
代表者●代表 矢野広一
設立●2017年
資本金●1000万円
従業員数●約100人(Daxtra全社)
住所●東京都渋谷区渋谷1-12-2 CrossOffice8F 808
その他拠点●英国(本社)、米国、香港、中国、オーストラリア
ネットワーク・提携●150社以上の転職サイト、400種類以上のATS パッケージ
TEL●03-6868-8734
E-mail●info-daxtrajapan@daxtra.com

日本人材ニュース編集部の評価


「Daxtra」は2002年に英国で提供が始まり、利用企業は全世界で2000社以上に達している。日本語対応が2017年に始まり、日本企業の採用部門や人材会社で導入が進めば、これまで膨大な手間が掛かっていた応募者情報の入力や管理業務の負担軽減につながる。また、「Daxtra」には自社のデータベースだけでなく、外部の転職サイトなどにある人材情報まで検索できる機能があるため、採用条件に合致する人材をより広範に探すことができる。

大手・上場企業の人事部長向け広告掲載のご相談はこちら

関連記事

ピックアップ

  1. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  2. 【オンライン研修プラットフォーム「playse.ラーニング」】全社DXを推進したい企業の“底上げ教育”を低コストで実現

  3. 【コンコードエグゼクティブグループ】優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する~企業の持続的成長を実現する採用革新

人材・人事コンサル会社ガイド100選

  1. ヒロコマナーグループ「AIにもできるマナー研修はしない。時代の変化にも柔軟に対応できる人財を育成します」

  2. ブラックピジョン「エグゼクティブサーチの手法で、経営層からスタッフレベルまでダイレクトヘッドハントします」

  3. 経営人事パートナーズ「採用・配属・育成・評価を一気通貫で計画できるノウハウを、伴走型コンサルティングで提供しています」

  4. リクルート「学生時代に10年近くも勉強したはずの社員に、また英語を学ばせる難しさを解決します」

  5. プロフェッショナルネットワーク「クライアントの経営課題の本質を追究し、解決策の提案から実践まで支援します」

  6. キャリアビジョン「業種・職種専門のコンサルタントがミドル層を紹介し、独立系人材紹介会社でトップクラスの実績です」

  7. BRS(バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ)「人材の多様化、グローバル化に課題を抱えるクライアントのニーズに合った候補者を紹介します」

  8. リス「自動マッチングシステムの精度を高めて、“求める人と求める企業”をつなぎ合わせます」

  9. インターウォーズ「候補者との相性を大切に、CxO人材・社外取締役(経営経験者・女性)・経営幹部を紹介しています」

  10. セールスキャリアエージェント「営業職に特化した専門コンサルティングで精度の高い人材紹介を実現しています」

TOP