2021年1月5日

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)

2021年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:KMF PARTNERS、コンコード エグゼクティブグループ、経営者JP、キャリア・デベロプメント・ アソシエイツ、キャリアエピソード】

回答(1)企業の人材需要

回答(2)企業の人材採用の課題

回答(3)人材業界の展望、自社の事業・サービス展開

 (28679)

KMF PARTNERS 吉田亜紀子 Sales&Marketing division director

(1)周知のとおり、コロナの影響により多くの企業が、影響を受けている。全体の人材需要を捉えたときは、確かに厳しい印象があるが、業界・職種ごとに見ていくと、需要の伸びている業界・職種が出てきている。より需要の伸びる業界・職種と今後需要の減っていく業界・職種の差が、はっきりしていくものと考えられる。

(2)企業側の課題としては、コロナの影響を前提としての労働環境の提供が必須となるだろう。リモートワークはもちろんだが、転勤、出張など、これまでの当たり前から、アフターコロナの労働環境をいかに作っていけるかが、課題になると考えられる。また、採用職種においても、これからの社会環境に対応できる職種や人材の採用が企業の成長にとって、大変重要になってくると思われる。

(3)人材業界自体は、今後より競争が激化していくものと考えられ、大手、中小を問わず、いかに需要のある業界や企業に強くなれるかによって人材紹介会社の業績も大きく左右されると思われる。当社は、これまでの外資系企業(一般消費財、IT、BtoB業界等)に加え、製薬、医療機器などのメディカル領域も強化していき、アフターコロナにおいても活躍できる人材を提案できるよう体制を強化していく。
 (28682)

コンコード エグゼクティブグループ 矢田真奈 エグゼクティブコンサルタント

(1)コロナ禍を背景に、新規事業開発や既存事業の構造改革をリードできる経営人材・即戦力人材へのニーズは引き続き高くなることが見込まれる。特に、DXを担うマネジメント層の採用は緊急度を増している。
 また、一時期低下した若手採用については2020年後半以降、徐々に熱気を取り戻してきている。ただし、リモートワークが進み人材育成がしづらくなる中、ポテンシャル人材の採用について慎重な姿勢を続ける企業もあり、企業毎の採用方針の違いが大きくなることが想定される。

(2)新型コロナウイルスの影響で、働き方や生活を大きく見直す流れを受け、場所や時間に囚われない柔軟な働き方や副業可能な環境へのニーズが高まっている。一方で若手人材にとっては、リモート勤務へのシフトに伴う、入社先での育成面・人間関係面の希薄化が懸念視される。
 勤務形態の自由度を上げ、豊富な経験や専門性を持つスキルフルな人材にとって魅力度の高い環境を整えながら、若手の戦力化や社内のエンゲージメント強化を両立できるかが、人材獲得・活用の成否を分けるポイントになると想定される。
 また、経営人材やポストコンサルへ提示される条件は近年高騰しており、採用に際しては上述の勤務自由度に加え、高い年収提示が重要となる。

(3)国内大手企業、外資系企業、ベンチャー企業、コンサルティングファームから幹部採用に関する問い合わせを数多く頂いている。コンサルタントをさらに積極的に採用し、数多くの次世代リーダー、エグゼクティブのキャリアを支援できる体制を拡充させる。また、コンコードベンチャーズでのスタートアップへの投資や、大学生を主な対象とした若い世代へのキャリア教育活動をさらに加速していく予定だ。
 (28685)

経営者JP 井上和幸 代表取締役社長・CEO

(1)新型コロナの影響は2021年通期にわたって残るだろう。2020年の経済活動の落ち込みの影響が最も色濃く出るのが2021年上半期と思われる。新卒・中途・非正規共に需要の落ち込みは否めない。特にアルバイト・パートおよび派遣領域は相当厳しい1年が続く。中途も若手~中堅のボリュームゾーンは引き締め傾向が続きそう。一方で幹部層はニッチな領域の中での優秀人材争奪戦が続くと思われる。

(2)新型コロナは図らずもビフォーコロナから内在的な課題であった生産性アップ、労働人口減少も相まっての自動化・無人化への対応必要性について時間を早回しした。企業各社はウィズコロナのみならずアフターコロナに向けて、コア人材・幹部候補人材の育成・選抜・採用と余剰人材の代謝マネジメント、オペレーション人材についての自動化・無人化を、それぞれ待ったなしで推し進められるか否かが、イコール企業の存続と切り離せないものとなる。

(3)当社対象領域の経営層・幹部層採用は厳選モードを強めながら活発に推移している。顧客接点を引き続き厚くし、当社独自の幹部採用選考支援、個人幹部人材へのキャリア・転職支援コンサルティングを展開。それを支援するTech基盤の引き続きの強化、「経営チーム最適化」のための新事業のローンチなどを予定している。また法人・個人両面での顧客会員プラットフォーム「KEIEISHA TERRACE」についてもさらなるコンテンツとソリューションの拡充を行い、自社ネットワークを極大化していく。
 (28688)

キャリア・デベロプメント・ アソシエイツ 田辺晃 代表取締役社長

(1)2021年も半ばまでは新型コロナウイルスの感染が続くと思われるので、人材需要はIT等の一部を除いて現状の厳しい状況が継続すると思われる。ワクチンが流通してくると思われる後半からは経済状況の回復から人材需要も回復するであろう。ただ世界的にワクチンが普及するのには時間がかかると思われるので全般的には急激な回復はないのではないかと思う。

(2)全般的には新型コロナウイルスの影響が続き大幅な採用回復はできないであろう。ただ各企業がDX化の取り組みに迫られているが、DX関連の人材には限りがある中いかにその人材を採用できるかが課題であろう。また今後拡大が大きい分野、例えば新エネルギー関連、自動運転、AI関連等なども人材の絶対数が少ないので採用は簡単ではないであろう。ここで外国人の採用も考えていく必要があるであろう。

(3)前半は人材業界も厳しい状況が続くであろうが、ワクチンの流通とともに間違いなく全般的に採用は増えるので、展望としては楽観的に見ていいだろう。当社としては従来の技術系およびIT系の先端企業分野に事業を拡大していく。経験、専門性の豊かなコンサルタントを抱える当社として、各企業の発展に必要なアドバイスを与えながら、優秀な専門人材の紹介をさらに展開していく。
 (28691)

キャリアエピソード 備海宏則 代表取締役

(1)2021年は未だコロナウイルスの影響を受け全体的に人材需要は低迷すると思う。特に影響を受けやすい飲食・ホテル・アパレル(店舗メイン)などは相当厳しく、上手くネット・ECを活用して売り上げを確保できている企業とできていない企業の格差は広がると思う。また一部オンライン診療、ワクチン、EV、エコなどトレンド的に盛り上がるところはあると思う。

(2)昨今の在宅勤務中心の働き方が影響し、より経験の豊富な候補者を各社求める中、同じような経験を求めるため、一部採用の競争が激化すると思う。同時に「課題」としては経験の浅い、未経験に近い人材を採用した後にこのような状況下でどう研修トレーニングをさせて育てていくか、が挙がってくると思う。

(3)しばらく人材業界も厳しいと思う。特にこれまで対面中心に候補者と企業を結びつけていた人材紹介会社はオンラインでのビジネスプロセスを活用していかないといけないと思う。当社としてもこれまで手触り感のあった対面での紹介事業を効率的に進められるオンラインでのプロセスを中心に進めて行きたいと思う。

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)
回答社名:ワークス・ジャパン、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、リネアコンサルティング、レックスアドバイザーズ、リス

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)
回答社名:Results、リクルートキャリア、Youth Planet、みらいワークス、プロフェッショナルネットワーク

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)
回答社名:プライマリー・アシスト、フジキャリアデザイン、ヒューマンリソシア、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、パーソルキャリア

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)
回答社名:パソナ、テクノブレーン、セールスキャリアエージェント、ジェイ エイ シー リクルートメント、島本パートナーズ

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答6)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答6)
回答社名:エンワールド・ジャパン、キーンバウム ジャパン/K.J.コンサルタンツ、エリメントHRC、クレドス、MS-Japan

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答7)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答7)
回答社名:EPIC Partners、A・ヒューマン、ウィンスリー、アンバース、アンテロープ キャリアコンサルティング
24 件

関連する記事

【事業再構築と人事の役割】コロナに打ち勝つ人材の条件と人事課題

【事業再構築と人事の役割】コロナに打ち勝つ人材の条件と人事課題

新型コロナウイルスの感染拡大は企業活動に大きな影響を与え、今期の業績予想を未定としている企業も少なくない。多くの企業が事業再構築に向けた変革に迫られている中、コロナに打ち勝つ人材の条件と人事課題を探った。
ディスコ/海外大生・バイリンガル採用オンラインイベント 他

ディスコ/海外大生・バイリンガル採用オンラインイベント 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ディスコ、コンコードエグゼクティブグループ、MyRefer、フルキャストホールディングス】
経営者JP/中堅中小企業へ次世代経営幹部人材を紹介 他

経営者JP/中堅中小企業へ次世代経営幹部人材を紹介 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【経営者JP、アドバンテッジ リスク マネジメント、ミテモ、ベネフィット・ワン】