2021年1月5日

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

2021年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:パソナ、テクノブレーン、セールスキャリアエージェント、ジェイ エイ シー リクルートメント、島本パートナーズ】

回答(1)企業の人材需要

回答(2)企業の人材採用の課題

回答(3)人材業界の展望、自社の事業・サービス展開

 (28662)

パソナ 岩下純子 常務執行役員

(1)中途採用市場全体が大きく伸長することがない前提ではあるが、一方で、社内における必要なポジションには外部から人材を受け入れるという戦略は今後も続くと思う。中でも、ポテンシャル人材の採用は少し控える傾向が強く、即戦力人材の採用ニーズは変わらず続くと考えている。

(2)労働者が転職に対して慎重になっている中で、転職マーケットに顕在化していない優秀人材をいかに確保するかが大きな課題となってくると思う。

(3)人材紹介のみならず、企業の経営課題を解決するパートナーとして、当社および当社グループのソリューションを提案していく総合的なサービス提供に、より一層、力を入れて取り組んでいく予定だ。
 (28665)

テクノブレーン 北川太 代表取締役

(1)新型コロナウイルスによりビジネスの様相が一変した2020年。その影響が2021年も続き、大きな景気後退、採用抑制の傾向は避けられない。とくに製造業の求人数は大きく減少し、キャリア(中途)採用を抑える動きは継続する。しかし、人材不足を補うための大量採用から将来に向けた企業活動の根幹をなす研究開発や先端技術の開発者など、特定分野の職種で「本当に必要な人材」を厳選採用する傾向が強まると見ている。

(2)ニューノーマル社会の採用活動として、非対面での選考や海外・地方など場所や移動を問わない採用活動が当たり前になっていく。その中でリスクを背負ってキャリアチェンジを行う人材、求職者に向けて、ジョブディスクリプションの明確化や入社後のキャリアプラン提示など、不安や不透明感を解消し志望動機を高めていく丁寧なサポートが採用成功のカギになる。

(3)アフターコロナの「経済ブーム」を見据え、企業は着実に採用を再開させていくだろう。当社はエンジニア向け人材紹介企業として、IoTや自動運転技術に伴うビッグデータ、AI、センシング関連、高画質カメラ用のイメージセンサーや5Gなどの新技術が求められる領域に加え、在宅勤務、リモートワークや配信サービスにおいて動画ストリーミング等、DC(データセンター)向けサーバーの需要が大きく高まったフラッシュメモリ関連の職種の需要に対応していく。
 (28668)

セールスキャリアエージェント 斎藤信人 代表取締役社長

(1)業界/職種で差異はあるが、2020年と同等もしくはそれ以上に即戦力性の高い人材に需要が集中すると予想される。コロナショックによるダメージから立て直せず、社内教育コストを減らさざるを得ない企業が多くあると予想されるためである。
 また、新型コロナの再流行も考えられる状況下で経済の冷え込みは、余儀なくされるだろう。そのため、企業/事業の再建が出来る人材、即成果を残せる人材の需要が高まると考えられる。これまで以上に採用したい人材の定義を明確化し、採用したい人材に響く採用アプローチをすることが不可欠となってくる。

(2)これまで以上に採用したい人材に出会えないことが課題になると考えている。新型コロナ流行の影響で転職希望者は確実に増えており求人応募者も増えるものの、前職で実績を残せず退職された転職者は市場に多く、企業が求めない求職者の応募が増えることが予想されるためである。
 また、多くの業界で人事部門の縮小が進んでおり、これまで以上に数を追った採用活動が難しくなると考えられる。そのため、母集団形成に投下していた金銭/時間を、採用したい人材に直接アプローチできる方法に投下することがより一層必要となってくる。

(3)当社は、全ての業種/業態の営業職に特化した人材紹介会社である。創業以来、「人材紹介業界を変える」という信条を掲げ、求職者/企業の双方に「入社後活躍」を前提とした人材紹介サービスを提供している。新型コロナの影響で大変な時期だからこそ、2021年はより一層企業に寄り添い、どのエージェントよりも信頼頂ける”ファーストエージェント”を目指す所存である。
 (28671)

ジェイ エイ シー リクルートメント 松園健 代表取締役社長

(1)昨年、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた業界や企業は復調に時間がかかるが、一方で2021年に回復に向けた人材需要が見込まれる。また従来のグローバル化に加え、コロナの影響もありDX等のデジタル分野の人材ニーズがひっ迫しており、デジタル関連の人材確保と育成が急務となる。
 海外は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が尾を引く国が多く、各国政府の規制も厳しく回復の兆しが見えない状況。しかしアジアを中心に感染拡大防止効果が出ている国に関しては、回復基調になっていくと思われる。
 国内では昨年第3四半期以降求人は回復傾向にあり、DX関連やヘルスケアなどの領域の人材ニーズは堅調に推移している。しかし、国内の新型コロナウイルス収束の兆しが未だに見えないことから、主に外食、アパレル等のサービス業は回復への不透明感も残る。新型コロナウイルスが収束し、延期となった東京五輪が開催されればインバウンド需要の回復にともなう人材ニーズが生まれることも考えられる。

(2)昨年は新型コロナウイルスの影響により、多くの企業が業績悪化による採用の凍結もしくは選考基準を上げることなどを強いられる中、急速に在宅勤務が増え採用選考方法も対面型からリモート型へ移行せざるを得なくなり、採用判断の見極めの難易度が上がっている。
 また在宅勤務の浸透によりプロセスよりも成果・業績主義を求める傾向が高まったことによる採用基準の見直しや、副業の浸透など働き方の多様化にともなう就業形態も変化しており、採用も変化にともなう対応を求められるようになってくる。
今年、企業はこれまで以上に業務の効率化や生産性を考慮した採用が重要となり、高い成果に応えられる、より高度なスキルを持つ人材や高い実績を出せる人材の採用(ジョブ型採用など)を、柔軟な雇用形態で採用することが国内全体の企業の課題となる。
 さらに、業務プロセスの変革や働く場所を問わず就業を可能とするためのDXの導入と促進はもはや全ての企業の課題となり、関連のスキルや経験を持つ人材の採用はさらにニーズが高まるだろう。

(3)新型コロナウイルスにより世の中が大きく変化し、それにともない産業構造も変化している。これからの人材サービス業界は変化に柔軟に対応しながら、企業や経済の成長に貢献できる人材を紹介することが求められる。当社では昨年末より「経営課題解決アウトソーシングサービス」と「採用代行サービス(RPO)」を開始した。
 長年にわたる人材紹介事業の強みとノウハウを生かしながら2つの新サービスの拡大を図り、さらなる成長と拡大を目指す。さらに、DX人材紹介に特化したJACデジタルのブランドによるサービスの強化も継続してゆく。
 (28674)

島本パートナーズ 秦一成 代表取締役社長

(1)昨年は「米・中経済戦争」と「新型コロナウイルス感染症」による企業業績悪化に伴い、人材採用市場は急速に冷え込んだ。そうした環境下でも、中長期的視点から人材採用を戦略的に実施する企業もあったが少数に留まった。今年は上記2大要因の改善が見えてくるに従い、グローバル競争を勝ち抜くうえで必要となる革新をもたらすことができる人材を中心に、需要は徐々に回復軌道に乗ると考える。

(2)“多角化”や“DX”に関連する人財の採用は年々難易度が高まっており、マネジメント・クラスはもとより従来は公募で採用可能であったリーダー・クラスでも、採用計画未達に陥るケースが少なくない。とりわけDX分野では、その具体的な運用・活用戦略を描けない企業が苦戦している。また候補者の“内定後の円満退社実現”や“入社後の定着率アップ”も課題となっている。

(3)企業はエージェントと建設的な協調体制を構築し、ワンチームとして採用プロジェクトを遂行する必要性が高まっている。当社の強みは、対象人財の“要件定義”から“スカウト”、入社前後の“フォローアップ”に至るまで、精鋭チームが一貫して支援/対応できる体制にある。社員一同、顧客企業のさらなる成長・発展の一翼を担う責任感、そして転職者の人生の一端を背負う覚悟を常に持ち、「凡事徹底」を旨とし業務に邁進していく。

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)
回答社名:ワークス・ジャパン、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、リネアコンサルティング、レックスアドバイザーズ、リス

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)
回答社名:Results、リクルートキャリア、Youth Planet、みらいワークス、プロフェッショナルネットワーク

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)
回答社名:プライマリー・アシスト、フジキャリアデザイン、ヒューマンリソシア、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、パーソルキャリア

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)
回答社名:KMF PARTNERS、コンコード エグゼクティブグループ、経営者JP、キャリア・デベロプメント・ アソシエイツ、キャリアエピソード

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答6)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答6)
回答社名:エンワールド・ジャパン、キーンバウム ジャパン/K.J.コンサルタンツ、エリメントHRC、クレドス、MS-Japan

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答7)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答7)
回答社名:EPIC Partners、A・ヒューマン、ウィンスリー、アンバース、アンテロープ キャリアコンサルティング
24 件

関連する記事

SIGNATE/AI人材育成への貢献で「情報化促進貢献個人等表彰」経産大臣賞 他

SIGNATE/AI人材育成への貢献で「情報化促進貢献個人等表彰」経産大臣賞 他

人事部門の生産性を高めるためには、パートナーとなる人材会社選びやサービスの有効活用が欠かせない。注目サービスの特徴や活用法などを紹介する。【SIGNATE、ジェイ エイシー リクルートメント、ビジネス代謝ラボ】